内容の希薄なブログ
自分のまわりの出来事や思いついたことを,まばらな更新頻度で記して行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめてのカナダ
 先回のエントリにて海外出張の機内で「サマーウォーズを見た」と書きましたが,どこへ出張へ行ったかというと,カナダです。例によって備忘録長文です(^^;;
 今回の出張は,ビジネスパートナーとのお仕事をチェックしに行くお役目で,内容的には結構ハード。ということで,またも運良くビジネスクラス適用が認められました。

○往路
 行き先はモントリオール。直行便がないので,空路はワシントンDC経由になりました。本当はANAの新ビジネスクラスに乗りたかったんでNY(JFK空港)経由にしたかったんですが,会社のオーダーにつきANAからの乗り継ぎ便もスターアライアンスで行かなきゃならないので,時間的に無理。新型シートはまたもお預けです。。。

 成田空港へは,開業して間がないスカイアクセス線経由のスカイライナーで行きました。

P1030417.jpg
日暮里駅に入線。

P1030418.jpg
P1030419.jpg
P1030420.jpg
車内はこんな感じ。新しいから快適ですなぁ。

 新型スカイライナーのAE型は最高時速160kmを誇りますが,京成本線区間は線形が良くないし,運行密度も関係あるのか,なかなかスピードが上がりません。しかし,スカイアクセス線に入ってからはずっとフルノッチ状態のごとく,飛ばす飛ばす。成田空港間近のJRとの併走区間では,E259系をかなりの速度差で追い抜いてましたね。

 成田空港に到着し,さっさと諸手続きを済ましてビジネスクラスラウンジへ。例によって軽食をとり,ビールを飲みつつマッタリとした時間。
100725_0925~01
かまぼこに"ANA"の文字が入っているのわかります?

 今回のワシントンDC(ダレス国際空港:三文字コードはIAD)行きNH0002便,機材はB777-300ERのレジ番はJA781A。3月の米国出張でIADからの帰国時に乗った機材です。
P1030422.jpg

 機内食は洋食を選択。これから北米に行くってのにね(w。まぁ,日本ならではの美味しい洋食ですから。
P1030425.jpg
P1030427.jpg
P1030429.jpg
P1030430.jpg

 んで,酒を飲みつつ「サマーウォーズ」を鑑賞。つづけて「時をかける少女」も鑑賞。
P1030436.jpg
P1030437.jpg

 まぁ,そんな感じで酒を飲んだり機内放送を見たり(聴いたり)眠ったり軽食をとったり,と適当に時間を過ごしているうちにIADに到着。
P1030439.jpg

 IADではモントリオール(トルドー国際空港:三文字コードはYUL)行きのトランジットの時間が1時間半。国際線での入国時の乗り継ぎとしては決して余裕があるものではないのですが,IAD自体が小ぢんまりした空港なので,特に慌てることなく次の便に乗り継ぐことができました。ちなみに,僕の元上司曰く,ANA便がある米国のハブ空港(西海岸を除くNY,シカゴ,ワシントン)でロストバゲージ(預けた荷物が行方不明になること)が最も少ないのはIADなんだそうです。

 IAD⇒YULはエアカナダ4949便(実際はユナイテッドグループGOジェット運行コードシェアのUA7477便)。機材はCRJ700NG,レジ番はN173GJ。この機材はプレミアムクラスがあり,NH0002とのビジネスクラス乗継の関係で,プレミアムシートに座ることができました。1-2列のコンフィグで,僕のシートは1列がわ。
P1030443.jpg

 モントリオールに到着し,ビジネス先の現地駐在員の方が迎えに来てくれていたので,車でホテルに送ってもらい,つづけて軽く市内見物(Old Montreal Cityを少しばかり歩き,モンペリエ山の展望台から町並みを眺めたり)にも行き,続けてお食事。
P1030446.jpg
P1030455.jpg

 Crescent通りのオサレなオープンテラスのカフェで日本人のオッサン二人がビール(w
P1030458.jpg
P1030459.jpg

 モントリオールの街は冬場の寒さが厳しい分,夏を楽しまなきゃ損だ!ってことで夏場は毎週のようにどこかしこでお祭りをやっているようです。そのため,観光客も一杯。気温はそこそこ高くても,湿気がなくて日陰に入れば涼しく,観光に良い時期だな,と思いました。でも今回は仕事だし・・・食事を終えホテルに戻り,PCで仕事してたら眠気が襲ってきたので就寝。。。

○ノートルダム寺院見物とお土産購入
 お仕事自体は色々とあったので,結構大変でした。ですが,何とか無事にお勤めを果たし,帰国前日=お仕事最終日は午前中で終了。仕事がたまっていたのでホテルに引きこもってPCに向かい合うかな,とも考えたんですが,それだけではあまりにも切ないので,ノートルダム寺院だけは見に行くことにしました。

 ノートルダム寺院はモントリオールの観光名所のひとつで,素晴らしくきれいな祭壇やステンドグラスで有名です。歌手のセリーヌ・ディオンがここで結婚式したんだとか。ホテル(ダウンタウン地区)から歩くこと20分程度,入場料は5カナダドル(5米国ドルでもOKでしたが)でした。
P1030487.jpg
P1030489.jpg

 中に入ったら・・・いやはや,これは確かにきれいだ・・・古いカトリック系教会の建築美が大好きな僕にとっては,本当に来てよかったなと思えました。しばしボーっとし,写真を撮り,またボーっとし・・・を何度か繰り返し,1時間ほど過ごしました。
P1030491.jpg
P1030495.jpg
P1030498.jpg
P1030507.jpg
P1030513.jpg

 その後はお土産購入。カナダと言えばカエデ。カエデと言えばメイプルシロップ。そんなわけで,ノートルダム寺院近くの有名なメイプルシロップショップで家族や会社へのお土産を購入。トランクの中身にかなり余裕があったので,目一杯買ってしまいました・・・結構高くつきましたが(w。

ちなみに,地元の人はそのお店のメイプルシロップを買うことはあまりないんだそうです。スーパーで売っているものの方が安くて美味しいとか。でも,馬鹿デカイ缶入りばかりなんだそうで,お土産に出来るような小瓶が売ってないので,観光客はそのお店で買うのが妥当でしょうね,と現地の人から言われました。

○復路
 乗り継ぎの関係で帰国ルートはシカゴ(オヘア国際空港:三文字コードはORD)経由。やっぱりJFK経由は無理・・・いつになったら新型シートに乗れるんだろうなぁ。

 朝5時にホテルを出て,YULへ。搭乗便はエアカナダ525便。ビジネスクラス乗継適用で,この便もプレミアムシートに乗れることになりました。ラッキー♪

 カウンターで早速チェックイン・・・ですが,ここでちょっとしたトラブル。通常,預けた荷物は帰国の場合は成田まで受け取りしなくて良いのですが,バゲージタグ(荷札)がORD行きのものしか出てこない,とカウンターのおっちゃんが困り顔。15分くらい待たされ,ちゃんとしたタグが出てくるか何度も再出力を試みてくれたんですが,結局ダメ。ORDで一旦荷物を受け取ってね,ということになりました。面倒だなぁ,一度空港の外に出なきゃいけないから,また入場のセキュリティチェックを受けるのか・・・

 と,チェックイン時のマイナートラブルはともかく,おっちゃんが「メイプルラウンジにご招待します」と言ってきました。プレミアムシートの客だから,エアカナダのラウンジへの入室が許可されるワケです。それにしてもメイプルラウンジって・・・エアカナダのロゴマークそのまんま。やはりカナダはカエデ(メイプル)の国ですね。

 メイプルラウンジの外観と館内。あまり広くはないけど,空港の規模が小さいし,早朝でお客も少ないのでゆったり過ごせました。
P1030523.jpg
P1030526.jpg

 ラウンジから撮ったAC525便の機材(ERJ175,レジ番はC-FEKD)。
P1030525.jpg

 この機材のシートも1-2列で,1列側が僕の座席。隣の人を気にせずにふんぞり返ってられるってのは,気も体も楽です。そしてYULを離陸。

 水平飛行になって,CAさん(かなり高齢のおっちゃん)が朝食のメニューを持ってきました。飛行時間は2時間程度,かつこんな客数の少ない便でもサービスするのか,やるなぁエアカナダ。メインの料理(と言ってもプレートの真ん中に乗るもの)2種類選べるらしい。僕はオムレツを選択。
P1030533.jpg
P1030537.jpg

 日本人的感覚からしたら,朝っぱらからずいぶん濃いお食事だこと。まぁ,大食いの僕には適量ともいえますが(w。ちなみに酒類は有料なら頂けるみたいです。
P1030536.jpg

 YULを出た時間が遅れた影響で,30分程度予定より遅くORDに着き,荷物を受け取るために一旦セキュリティゲートの外へ。荷物は無事に出てきたので,再度チェックインのためにANAのカウンターに行こうと思ったら,どこにも見当たらない!!!ANA専用カウンターが別ターミナルに移動したとか???

 実は僕の思い込みで,ANAのカウンターは以前からユナイテッドと同じ第1ターミナルなのに,エアカナダの到着した第2ターミナルでANAのカウンターを必死に探していたってワケです(汗)。YULからの便の遅れもあってかなりあせりました。エアカナダに加え,コンチネンタルのカウンターでも聞いてみたりしたのですが,分からないよと言われてしまったので余計に混乱。チケットをちゃんと見れば,第1ターミナルって書いてあるのにね(^^;;

 結局,第1ターミナルに着いたのは搭乗時刻の1時間ちょっと前。こりゃけっこう急がないとマズイな,と思ったら,カウンターで改めて出力された搭乗券を見ると,予定の時間より2時間近く遅い!結局,使用機材到着遅れがあったそうです。これで一安心,出発までラウンジでくつろげます。
P1030546.jpg

 今回の帰国便,またもやファーストクラスにアップグレードしちまいました。プラチナサービスメンバーでマイル加算率がすごく優遇されているため,Fクラスアップグレードができるマイルがけっこう早く溜まるんですよね(^^;;。国際線を年に何度か使う人なら,片道分ならすぐにマイルが溜まります。そう考えると,Fクラスの利用者って,僕みたいなアップグレード組がけっこう多いんじゃないかなぁ。

 Fクラス利用ってことで,ラウンジはユナイテッドのファーストクラスラウンジ。入り口と中はこんな感じ。
P1030548.jpg
P1030549.jpg
P1030550.jpg

ビールを飲みつつジャンボの真正面を鑑賞。
P1030553.jpg
P1030551.jpg

 以前にORDで利用したレッドカーペットクラブ(ユナイテッドのビジネスクラスラウンジ,上のジャンボの写真の左側に見えている建物)と違い,お客が少ないのでホントにゆったり。ほろ酔い気分・・・とか言いつつ,ネットが使えるので,半分くらいは仕事してたんですけどね。

 ちなみに,搭乗機材はB777-300ERのレジ番JA731A(スターアライアンスのカラースキーム)でした。この機材,3年前の初めての米国出張で成田-ORDの往路復路ともに乗ったので,ちょっと感慨深かったです。あの時はFクラスに乗れる日が来るなんて想像もできなかったなぁ。搭乗後にCAさんと少しお喋りした際にもそのことを言ったんですが,「よく覚えていらっしゃいますね,飛行機が本当にお好きなんですね」とにこやかに言われてしまいました(w
P1030558.jpg

 搭乗時刻になり,機内へ。どんどん人が乗り込んでくるものの,Fクラスの座席には誰も来ず・・・結局,8席あるFクラスエリアには僕一人だとCAさんににこやかに言われました(^^;;。思わず僕は「すみません,僕みたいなアップグレードの客一人のためにFクラスでのお仕事させちゃって・・・」と言うと,CAさんは「Fクラスにどなたもいらっしゃらないと寂しいですから,ご利用下さってありがたいです」と返してくれました。でもねぇ,普通に考えるとサービスの内容がビジネスクラスとはかなり違うのだから,一人のためだけにCAさんの労力を取られるのは割りに合わないはずです。
P1030575.jpg

 ということで,離陸前にさっさと寝巻き(前回から変わって紺色の"Inspiration Japan"使用になってました)に着替えてゆったりの二度目のFクラス,前回のように舞い上がることなく,余裕を持ってサービスを楽しむことができました。

 料理は基本的に洋食を選択。やはり日本の洋食は美味しい。
P1030561.jpg
P1030565.jpg
P1030569.jpg
P1030570.jpg
P1030574.jpg

 料理と一通り,お酒もふんだんに頂き,離陸後3時間と少しして就寝することに。今回は睡眠時間を意識して多めに取ろうと思っていたので,CAさんには着陸予定2時間前に声をかけてもらうようお願いしました。ベッドメーキングは空き席にしてもらいました。
P1030571.jpg

 途中,数回ボーっと眼を覚ましたりもしましたが,結局は予定通り着陸2時間前までゆっくりと眠りました。朝食を摂り(ご飯おかわりしちゃった),お酒もまた少し頂いたりしているうちに,着陸時間が近づいて来ました。今回もFクラスのサービスに感謝です。いつか新型シートのFクラスに乗りたいなぁ。
P1030573.jpg
(寝起きだから朝食・・・だけど,着陸時刻からしたら遅めの昼食。)

-----

 お仕事での海外行きにつき,今回のカナダも観光は殆どしていないわけですが,出張前には嫁者から「カナダだったらプリンスエドワード島に行けないの?」などと言われました。ご存知の通り,プリンスエドワード島は名作「赤毛のアン」の舞台。嫁者はこの作品が大好き。気持ちはわからんでもないけどなぁ,よほど近くでない限り,仕事の途中で行けるワケないでしょ(w。しかも広いカナダですから。

 それで,飛行機の話を嬉しそうにする僕のせいで,嫁者は「飛行機がビジネスクラス以上なら私も海外に行ってみたい」とか言い出す始末。それならば,ってんでエクスペディアでビジネスクラス利用での10月下旬のプリンスエドワード島往復チケットを検索したところ,日本円にして最安値パターンでも一人当たり約60万円。往復でビジネスを使うことを考えたら易いものの,その価格を見て,さすがにビジネスクラス利用での海外旅行なんぞ無理だと理解してくれたようです(w。まぁ,いつの日か宝くじでも当たったら行けるかもしれませんけどね。

(おしまい)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
はじめてのカナダということで...『はじカナ』...ry

出張とはいえカナダ・モントリオールとは良いですね。羨ましいです...(^^)で、ノートルダム寺院ですが、写真を拝見する限りてすがそれでも荘厳さは伝わってきます。やはりカトリック系寺院は素晴らしい...(^^)

私もパリに旅行に行った時。モンマルトルの丘、サクレ・クール寺院に行ったとき感じました、カトリック系寺院の迫力、そして中に入ってみるとその荘厳さというのでしょうか。カトリック信者でもないのに、やはり祈りを捧げてしまう雰囲気になってしまいます。ちょぅど母が車椅子に乗っていたのですが、冊を開けてもらいキリスト像の前まで案内してくれました、アレは感動しましたね。Toriさんがボーっとしてしまうのも良くわかります。

そして再びFクラス、しかも一人独占とは。これまた良いですね。CA独占というか...(瀑)それにしてもビジネスでの旅行は高い、いくら円高とはいえ、それこそ宝くじか競馬で超高額な三連単でも当てないと...(^^)
2010/09/12(日) 22:03:45 | URL | ふじおか #Mx09nRN2[ 編集]
仕事は大変でしょうけどイイですね!
か、楓!(;´Д`)ハァハァ
取り乱してすみません(汗)。あちらでのメイプルの扱いは、日本の桜以上でしょうね。メイプルシロップはかなり美味しいらしいですが、いかがでしたか?

ファーストクラス、やはりいいですね。そもそも飛行機なのにベッドメークって何?(笑)。しかし、やはり一番反応してしまったのは新型AE車ですな~。最近の新幹線がいずれも鈍重なイメージのデザインが多い中、シャープなスカイライナーは地元贔屓を差し引いても格好いいと思います。あー、近いうちに乗ろうっと^^;
2010/09/12(日) 23:16:07 | URL | ぽっこ #IUMqe7pY[ 編集]
>ふじおかさん
おっしゃるとおり,カトリック系寺院は独特の荘厳さを持つところが多い気がします。。。って,テレビでみかけた知識ですが,ひとつの実例を見ると,本当にそう感じます。海外の車いすのゲストに対する扱いは日本も見習うべき点が多いですよね。たしかルーブルでも名作の前の柵の内側まで入られたような記憶が。おひとり様Fクラスですが,CAさん独占というより,僕一人のために余計な仕事をやらせてしまっているように思えてしまいました。

>ぽっこさん
どの楓に反応なさって?僕的にはミルモでポン!の南楓やSHUFFLE!の芙蓉楓くらいが思い浮かびますが(後者は作品観てないので名前を知っているだけ)。自宅用に買ったメイプルシロップはフツーに美味しかったですが,極上品かどうかは非常に疑問(w。Fクラスのベッドメーキングですが,座席をフラットにした後,マットとシーツと毛布をセットしてくれるんですよ。本当に良く眠れます♪。新AE型については禿胴。E259系NEXとは比べ物にならんです。僕は今後もスカイライナーを使いたいですねぇ。
2010/09/20(月) 20:56:55 | URL | Tori@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naibee.blog105.fc2.com/tb.php/103-d9d92175
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。