内容の希薄なブログ
自分のまわりの出来事や思いついたことを,まばらな更新頻度で記して行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊那地区グルメ:ローメンとソースかつ丼
 ここ最近,出張で何度か伊那市に行く機会がありました。伊那市の名物グルメと言えば,ローメンとソースカツ丼です。ということで,僕が行ったお店をちょっとだけご紹介します。

 まずはローメンから。ローメンの詳細についてはWikiを見ていただくのが良いかと思いますが,ごく簡単に言えば「ストレート太麺で羊肉を使った汁気の多いソース焼きそば」という感じです。地域特有という意味では,ホントに信州,しかも南信地区限定のようです。

 伊那市内ではあちこちの店でローメンが食べられるようで,何軒か行ってみましたが,結果としてはローメン自体が僕に合わないようです(汗)。まずいとは思わないんですけど、麺の中途半端な太さとボソボソした食感(どこのお店でもそんな感じ・・・沖縄のソーキそばなんかの麺に似てるかも)がソース味と合わない感じがして,好きになれませんでした。まぁ,あくまでも個人的嗜好の問題ですので・・・

 と,それだけではナンなので,有名店をひとつご紹介ということで,JR飯田線・伊那市駅そばの「うしお」さんの情報でも。

 こちらのお店はかなり有名店らしいのですが(長野県の中信地区出身の嫁者ですら名前を知っていた),なんと言っても普通盛り⇒大盛り⇒超⇒超々というのが用意されているらしい!デカ盛り好きとしては,一度訪問すべきお店だろうと思ったワケです。

 んで,実際にお店に行ってオーダーする段になり,ついつい弱気になって「超」を頼んでしまいました。というのも,超々は普通盛りの4倍との情報をネットで見かけたので,さすがにちょっとキツイだろーなー,と思ったワケです。

 そして出てきた「超」がこれ(700円也)。
100913_1925~02
100913_1926~01

 正直に言って、思ったよりは大したことなかったです(※デカ盛り好き野郎の基準です、あくまでも)・・・普通のお店の焼きそば大盛りよりちょっと大きいというレベルで,十分にお腹一杯になれるレベルではありましたが,押し寄せてくるデカ盛り感はなかったです。これなら恐れずに「超々」800円に挑戦すればよかったかなぁ,と思ったり。

うしお
長野県伊那市荒井3460-1(地図
0265-72-4595
営業時間:昼は11時半~13時,夜は17時~21時半
定休日:不定期

 次にソースカツ丼。こちらはどのお店で食べてもそれなりに良かったのですが,ぜひとも紹介したいお店をこのエントリに記します。

 ネットで色々調べたところ,伊那北駅近くの「たけだ」というお店が良さそうに思いました。何が良さそうってか,と言うと,カツの分厚さがとても良いとの評判でした。

 ということで,凸ってみました。こちらのお店は肉屋さんと併設されているってことで,良い肉をそのまま食事に出せる環境なのでしょうかね。メニューはこんな感じ。
100830_1908~01

 狙い目は当然ながらジャンボソースかつ丼,980円也。こちら,たけださんでは,カツの肉をサーロインかリブロースの2種類から選べます。 

 このお店には2回行ったのですが,まず一回目。ジャンボソースカツ丼をオーダーすると,とくに肉の確認をしないまま店員のお兄ちゃんは厨房へ。え?と思った僕はお兄ちゃんに再度声をかけて「肉の種類って選べるんですよね」と確認してみました。勿論,返答はYes。どちらがオススメかと訊ねると,脂が少し多めだが食べ応えならリブロース,あっさりめに行きたいならサーロインで,お客が指定しなければサーロインを出すとの事。少々迷ったものの,そこはそれ,メタボのアラフォーとしては,脂ギッシュに行きましょう!!!ってことでリブロースを選択(w

 そして出てきたのがこちらです。
100830_1923~02

 おぉ,カツの存在感!!!蓋が閉まらないので,こんな感じで出てきます。これですよ,僕のリビドーを満たしてくれるのは(爆)

 そして,このカツの分厚さよ!!!
100830_1924~01

 これだけ分厚い肉なんですが,噛み切るのにさほど苦労しない柔らかさがさすがです。さすが肉屋さん,良い肉をリーズナブルな価格で出せるようで。まぁ,これだけのボリュームを出してくれればまずは満足です。

 肝心のお味ですが,ソースは甘めで,大阪出身の僕には非常に馴染める味。肉は脂の存在感はしっかりあるけど,くどさをあまり感じない良いものでした。ボリュームの意味だけでない「食べ応え」の面で文句なし。

 食べ終わった頃,店員のお兄ちゃんに「出張のお仕事で来られてるんですか?」と声をかけられました。やっぱ他地方の人間って雰囲気だったんでしょうかね。それで僕は,伊那のソースカツ丼の良さそうなお店を調べてこのお店を見つけたこと,分厚いカツに魅力を感じて来たこと,そして満足したことを伝えました。お兄ちゃん,とても喜んでくれました。

 そして1ヵ月弱の後に二回目。また同じ店員のお兄ちゃんがいました。表情を見るに,明らかに「また来たな」って感じの歓迎の笑顔。今度は当然,サーロインを頼みました。その写真はこちら。
100921_1934~03

 これまたイイ感じの分厚さ。リブロースよりも肉が分厚いですね。脂の含量の関係で,揚げて縮む割合がサーロインの方が小さいのかなぁ。味はやはり,間違いのないレベル。リブロースよりもさらに柔らかく,あっさりとしていて噛み切りやすさもこちらの方が勝ります。今回も満足,満足!!!

 また食べ終わった頃にお兄ちゃんがやってきて「今日も出張ですか?」と声をかけてきました。「やっぱり覚えてました?」と僕が聞くと,「もちろん,覚えてましたよ」と満面の笑みのお兄ちゃん。そんで,サーロインにも満足したことを告げて,お会計を済ませようと席を立とうとしたその時,「デザートよろしければどうぞ」と,レモンゼリーをサービスしてくれました。価格,味,ボリュームに充分に満足していたのに,ここまでしてもらうと更に嬉しいですね。このお店のファンになっちゃいました。

 でも,こちら方面のお仕事はこれでしばらく無し・・・お兄ちゃんにそう言うと,また機会があれば是非来て下さいね,と言って,また愛想の良い笑顔で送り出してくれました。

たけだ
長野県伊那市山寺234-3(地図
0265-72-0100
営業時間:昼は11時半~14時,夜は17時~21時(ラストオーダー)
定休日:水曜日

----------

 伊那地区の名物を2つご紹介しましたが,個人的な好みの関係で,ローメンはオススメのお店なしとなってしまいました(ローメンを愛する方々にはすみませんが)。ソースカツ丼はたけださんを自信を持ってオススメできます。かなりしっかりしたボリュームのお店ですが,ソースカツ丼を食べたいと思ってしまう人の多くはボリューム対応力があると思うので(w,問題ないでしょう。価格とお味の面からも,伊那地区に行く機会があれば,立ち寄って損はないと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ナカーマ!
ローメンは、実は私もちょっと・・・でして、本文で書いてらしたご感想の通りなんですよねぇ。ボリュームは少なめにして、味を濃い目(というかはっきり目?)にした方が良いのかなぁ。なんというか、ぼんやりした味というか、悪い意味でジャンクな感がするんですよねぇ。表現が難しいですが。

翻って、ソースカツ丼は素敵ですね。たけださんは、いつか行くぞリストに入っていましたので、レポはありがたかったです。私もまずはリブロースかな?(笑)
店員さんとのやりとりがイイ感じですね。味や値段もさることながら、そういう点もリピートしたくなる要素ですもんね。
2010/10/20(水) 00:27:50 | URL | ぽっこ #IUMqe7pY[ 編集]
(・∀・)人(・∀・)
>ぽっこさん
ローメン,ぼんやりした味ってのが確かに僕も思うところです。麺のボソボソした感じがなければ,僕的にはかなり味がハッキリした印象を受けそうなんだけどなー,でもその食感がローメンらしさと言われたらそれまでだし(^^;;。たけださんのソースかつ丼ですが,機会があればぜひとも味わって下さい。リブロースもサーロインも甲乙つけがたいです。でもひとつ気になるのはソースの甘さ。たしか師匠は甘口ソースをお好みでなかったような・・・こちらのお店は,食べた際の感覚で言うと,ウスターソースに果汁(林檎かなぁ)と糖分(砂糖,あるいは水飴)で柔らかい甘味を加えた感じの味でした。
2010/10/24(日) 23:05:32 | URL | Tori@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naibee.blog105.fc2.com/tb.php/106-b07f1538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。