内容の希薄なブログ
自分のまわりの出来事や思いついたことを,まばらな更新頻度で記して行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
震災関連その1:無事のご報告
 まず,この度の震災で亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに,亡くなられた方のご家族に,被害に遭われた皆さまに,心よりお見舞い申し上げます。私もほんの少し居場所が違えば被災者でしたので,心の底から,今回の震災を痛ましく思います。

-----

 ということで,久々のブログエントリです。おかげさまで,僕は震災の直接の被害を受けることなく,無事に過ごしています。嫁者も無事だったし,他に身内は関東圏内にいないし,友人も東北や茨城県北部には一人しかいなくて,しかもその方は無事でしたので,僕の周りでは深刻な被災者はいなかったです。今回の震災の規模の大きさを考えると,本当に運が良かっただけなんだ,と思います。

 今回の震災,実に色々と考えさせられました。全て書くとものすごく長くなるので,いくつかをピックアップして書きます。でも長文には変わりないので,「続きを読む」をクリックされる方は要注意(^^;
・震災発生時~翌日
 この日は会社で,高名な大学教授を招き,僕らの仕事内容に関するアドバイスを頂くミーティングをしてました。僕の発表は14時半少し前からスタート。発表も終わり,質疑応答もスムースに進んで,そろそろtea breakかな。。。と思っていたら揺れ始め。それがどんどん強くなり,結果として立っていられず,四つん這いで机の下に逃げ込むことに・・・勤務先の茨城県某市では震度6弱だったようです。

 嫁者はこの日は自宅にいたので,あわててメール。無事確認メールが来たので,とりあえずは「厚着して外に出ていろ」と返信。心の底からホッとした・・・

 とりあえず,建物の外に出て事業所内の災害時集合場所で点呼を取った後,帰宅指示。ここで困ったのが帰宅手段。電車は止まっているみたいだし,高速は多分ダメだろうし,時間がかかるけど一般道で帰るか・・・

 道中では,軽く地割れして水が出ている場所があったりして,震災の大きさをさらに実感。それでも,あちこちのコンビニは営業してたので,買い出し+トイレも兼ねて,二度ほど立ち寄りました。中には,お店自体は停電してたけど,レジだけは生きてて販売を続けているところもありましたね。こんな時まで販売を続けてくれることへの感謝の言葉をかけました・・:ありがたいですよ,ホント。

 んで,千葉県某市の自宅に帰るまで・・・直線距離50kmそこそこのところを,6時間かかりました。結局,利根川を渡るところが最大の難関で,橋の5kmほど手前で完全に渋滞(ってか停滞)して,そこだけに3時間近くかかりましたね。

 ちなみに,利根川を渡る手前の茨城県内の坂東市が完全に停電していて,明りはクルマのライトのみ。そして,橋の向こうに見える千葉県は電気が点いてて,すごく安心感を覚えたワケです。電気にべったり依存している自分を痛感しました。

 そんなこんなで,なんとか自宅にたどり着いたのですが,嫁者は余震に備えて嫁者所有のクルマの中に避難してました。僕が帰宅したので,気分的には少し落ち着いたようですが,やはり余震が多く予想されること,そのたびに家(賃貸ボロマンション4F)の外に飛び出すってのも大変だろうという判断で,この日は避難用物資をある程度嫁者のクルマに積み込み,そこで寝ることに。

 この季節の車中泊,ガソリンが勿体ないんでエンジンをかけなかったため,真冬ではなくても寒さが堪えましたねぇ。厚着して毛布をかぶってマスクして,なんとかやり過ごしました。そして,クルマのシートじゃ体を伸ばせず,特に足許がだるい感じ。中越大震災で車中避難していた方々にエコノミークラス症候群が多発した理由がわかりました。

 車中ではずっとラジオを付けていたんですが,次々に伝わって来る被害の情報に不安になり,そして時折響く緊急地震速報の警告音とその後に続く揺れ・・・まともに睡眠がとれず,さすがにふらふらになって朝を迎えました。ここでやっと自宅に戻り,TVを見て改めて被害の大きさに愕然・・・。余震が起きるたびにまた不安感に襲われ,僕んとこみたいな地域ですらこれだから,被災地のことを思うとまた胸が痛むワケで。

 その後,嫁者クルマに追加の避難物資を積み込み,室内ではいつでも持ち出せる避難袋を準備しました。

・震災発生翌週
 会社からは何度か指示が来て,結果的には水曜(16日)まで自宅待機。僕の場合,15日に都内で予定していた私用が,鉄道網の乱れで行けず,それを金曜(18日)に変更したため,結局は木・金とも有給にしたので,職場復帰は明日からです。仕事バリバリたまっているよなぁ・・・

・緊急避難生活に必要と思えたモノ
 あちこちで売っている緊急避難セット,やはり準備しておくべきでしょうね・・・その前提はありますが,思いつくまま記します。

 まずは,携帯ラジオですね。ウチの場合,嫁者が以前に買っておいてくれたので,車中泊や計画停電中に非常に重宝しました。

 あと,手回しの携帯充電器。これも嫁者が買っておいてくれて助かった・・・。震災直後,あちこちから安否確認のメールをもらい,携帯の電池がどんどん減っていったりしたわけで,やっぱり充電の手段は確保しておくべきと感じました。

 そしてクルマです。ある程度の緊急用物資を積み込め,かつ体を伸ばして寝られるようフルフラットにできるシートを備えたクルマだとベストですね。家の倒壊の懸念がある場合,避難場所の選択肢としてそういうクルマがあると安心かと思います。震災当日の一晩を車中で過ごし,つくづく感じました。

・買い物
 日曜日(3月13日)に,震災後初めて買い物に行きましたが,物資が本当に根こそぎ売り切れ・・・これはあちこちで報道されていた通りです。みんなパニック買いしていったんだなぁ,と実感。

 ウチは結局,まず最初に入手可能な食料を1日分だけ余計に買い,以降の買い物で「消費した分を買い足す」という形にしました。まぁ,こういう買い方自体も,パニック買いと言われて否定はできないんですけど,必要もないのに買い占める連中とは違う・・・と思いたい(^^;;。とは言え,まだ入手していない米とトイレットペーパーについては通常サイクル的にそろそろ買おうかな,と思っていたところだったので,過剰在庫が目的ではなかったんです。。。

 この3連休で,近所のスーパーなんかを見ていても,かなり品物が戻ってきた感があります。はやく正常化してほしいものですね。

-----
書きたいことは色々あるので,ひとまず,このエントリはこれにて。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご無事でなにより
まぁ当日に既に分かってはいましたが^^;

それにしても、当日は屋外退避されてたんですね。同じ県内にいながら家で酒かっくらって眠っていた自分と大違いです。これは私が元々スチャラカだという点もありますが(苦笑)、それ以上に実際に体感された地震の大きさが違うことからというのもあるでしょうね。私は新宿で地震に遭いましたが、気持ち悪いものの一応立ってはいられました。

私もトイレットペーパーが丁度残り1ロールだったので買い足しましたが、買うときは妙な恥ずかしさというか後ろめたさがありましたので、良く分かります^^;
買い占めの件は、不愉快ではありますけど情報が乏しい段階ではある程度仕方ないでしょうね。控えるべきと分かっていても、もし誰も並んでなくて商品があれば私も「念のため」と称して買うと思います。でも、やっぱり「並んでまで」とは思いませんが。。。
2011/03/22(火) 00:42:23 | URL | ぽっこ #IUMqe7pY[ 編集]
おかげさまで
>ぽっこ師匠
例のメンバーで当日中に無事を確認しあえて良かったです(^^)。屋外退避ですが,たしかに自分が地震に遭った現場の凄さの影響は受けてますね。エントリ本文には震度6弱と書きましたが,会社の災害報告書では震度6強の揺れだったと書いてありました。なので,その恐怖心のため,嫁者が余震になるのを笑い飛ばせず,車中泊になった次第です。
買い物関連は,一部の商品を除いてスーパーに品物が戻りつつあるようですね。これからは買占めにならないよう,かつ一定レベルの備蓄食料を維持できるよう,上手い具合に買い物サイクルを作らなきゃなぁ,と思っています。それこそ,有事に並んで血眼になって買う,ってのはあらゆる意味で不毛でしょうから。
2011/03/25(金) 22:33:00 | URL | Tori@管理人 #-[ 編集]
無事で何よりです
まずはご無事なようで何よりです。

三軒茶屋近辺で今回地震に巻き込まれましたが、ちょうど午後1台目のエレベーター保守を終えて隣のエレベーターの作業に移ろうか、というところで食らいました。
ひとまずそこの仮処置を終えたところで高層ビルに向かったんですが、長周期地震動の恐怖を味わってしまい、見事にチキン化してしまいました。仮復旧は大幅に速度を抑えて、しかも各階停止運転までおまけした始末。さすがにこのチキン措置は後日上司から笑われました。

不安だったのはむしろ自分より自宅の猫でした。水道から水を出すとか、缶やら袋を自分で開けて食べるとか出来るわけがないので、復旧に追われる状況でもなんとしても帰らなくてはならないのが心理的重圧でした。

買い物は・・・あきれ果てるばかりですね。まずガソリンに保存食、ヨウ素131が水道から検出されればミネラルウォーターが自販機からもなくなる始末。案の定ヨウ素は降雨が影響しただけと推定され、しかも半減期8日だから静観してれば済むものを・・・。

不便だったのは通勤でしたね。腰抜け西武とディオのごとき京王を見比べるにつけ、
「さすが京王!西武がやらない平日ダイヤを平然とやってのける!ry」
とついつい心の叫びが。西武はお株下がるぞ、というかもう東証一部から追っ払われてるか。
2011/03/26(土) 01:35:02 | URL | こそぴん #//wnbboM[ 編集]
いやはや
大変でしたね……。咲村は自宅で仕事中でした。

PCがひっくり返りそうになり、片手でHDDが揺れでイッちゃわないように押さえ込みながら、グラングラン揺れる中ファイルを保存して終了して……。まだ揺れ続けてるって何だよって感じでしたね。食器はなだれ落ちるし。本棚の前でヘルメットかぶって片付けを始めたところで2回目の震度6弱が来た時は、さすがにたまげました……放送が始まった防災無線が途中で沈黙したもんで……。裏のお宅は、屋根を半分持ってかれてました。

近所のカスミが一部損壊して営業不能になってしまった(現在は復旧)ので、アレ以降買い物は、お米を買った1度しかしていません。なんかチョロチョロと普段から物資を備蓄してた(母親が入院してた際の残りもあった)ので、現在も食料を含め不自由してないんですが、運が良かったんでしょうね。

なぜか水も昨年までにもらい物で何十リットルもあった(賞味期限は切れてますが飲用に問題ない)し、ティッシュやトイレットペーパーもGSなどでタダでもらうんで、何年も買わずに過ごしてた上に、使い切れずに余ってたし……。ガソリンも灯油もたまたま直前に満タンにしていたので不自由せず、余計に申し訳なさからストイックに節約生活送っております。小さい頃はこんな生活だったなぁ……と思いながら。
2011/03/26(土) 22:43:57 | URL | 咲村珠樹 #QSFezs7Q[ 編集]
補足で便利なもの
補足です。今回情報収集で役に立ったのは、エアバンド用のマルチバンドレシーバーでした。ラジオも全部聞けるし、消防無線やマスコミの取材用無線等も聞けるので、県域放送がなく、詳しい被害状況が入手できない地元の情報が、ダイレクトで入手できました。災害出動する自衛隊の動きも判ったし、ある意味今までで一番レシーバーを駆使したかもしれません(^^;
2011/03/26(土) 22:48:32 | URL | 咲村珠樹 #QSFezs7Q[ 編集]
ご無事で何よりです
ご無事で何よりでした。本当に。

当日、私は所用があって千葉に行く予定だったのですが、出かける前に確定申告の云々があった関係で思いっきり出遅れた為、千葉行きの用事を延期して自宅で仕事やっとりました。
で、都内は震度5強だったのですが、上からサイン色紙とかが落ちて来た辺りで「こりゃやべえ」と寝室(とりあえず一番安全だし、庭に出られる)に避難、布団をかぶってやり過ごしました。
結局、台所の食器棚の扉が開いちゃって豪快に中身を噴き出しており、台所中ガラスだらけという有様で…。
配偶者も、渋谷(自宅から10km強)だったので、歩いて20時過ぎに帰宅。

で、翌日買い物に出た時には…(苦笑)だった訳ですが…。
「ま、うちには新潟の米と餅と楽天で取り寄せた新潟のけんちんうどん1箱半とあるし、ライフラインが無事ならとりあえず何とかなるだろ」
という結論に落ち着きました…。

でもって、月曜日に事務所に出社したら、機材の一部が損壊してたという、結構笑えない状況だった訳ですが…。
機材は損壊しとるし、(後日ですが)事務所の電源車2台と備蓄のガソリンと軽油を被災地に他事務所と共同で提供してしまうわ、ロケ撮・撮影は延期や中止が相次ぐわ、いやあこの先わたし、仕事当分ないなー…なんて(苦笑)。

ちなみに、実家のある千葉市M区では、液状化現象がハンパなかったらしく、地元の友人がいくつも写真を上げてくれていましたが、断水だの停電だのあって大変だったようです。
父親に連絡を取ったところ、なんだか復旧作業のお手伝いをしてるとかで…。まあ、陸自OBですから、こういう時に頑張ってください、と言ったところでしょうか。なのでサバイバル能力も大丈夫かな、という感じで。
寧ろ、都内に一人暮らしの実姉は病気持ちなので気になるところ…。
2011/03/27(日) 07:32:23 | URL | 混ぜる人。 #/xy2Qyi.[ 編集]
ご無事でなによりです
ご無事で何よりでした。

こちら新潟の様子、地震の当日入所者さんのおやつ配りの最中でした。地震の直後まるで船に乗っているようなゆったりとした揺れ。中越地震の時に味わったような下から突き上げられるようなような揺れではなく、少し気分が悪くなるような揺れでした、そして入所者様のテレビは一斉に臨時ニュースに変わりました。東北の凄まじ状況が映し出され。中越地震の記憶が蘇るような。

そして翌日の土曜日、深夜というより早朝でしょうが、こちらでも、誘発地震と思えるような揺れ。下から突き上げられるように揺れました。あの地震で自分が経験したいやな記憶が蘇り、さすがに不安になりました。幸い自宅の方の被害はありませんでしたのは幸いです。しかし、近隣の十日町、津南、長野の栄村は甚大な被害が出たようです。しかしそれらはなかなか報道されないというか。津波、原発というインパクトがありすぎて、忘られてしまっているというか。こちらのローカルニュースでは詳しく報じられているのですが、なかなか全国にはしられていないようです、それがもどかしいですね。

で、物資の方ですが、こちらも缶詰、水等が不足しています。ただこちらの方が買い占めるというより、関東や東北の親戚、知り合いの方々が、送ってくれというのが多い様です。同僚の方もそうでした。うーん。これも考えさせられるようです。

そしてこれからが心配ですね。特に計画停電。まだ東北電力管内はまだ実施していませんが、夏頃が心配、幸い無事止まった女川原発。再開は、うーん福島の現状を見ると再開は難しいというか。今回の事でアレルギーが高まりそうですし。どうなるのでしょうかね。
2011/03/29(火) 20:54:23 | URL | ふじおか #Mx09nRN2[ 編集]
色々と考えさせられることばかり
毎度々々の遅レスで恐縮です(汗)。みなさんご無事で何よりでした。

>こそぴんさん
エレベーターという密室空間で地震に遭うのは本当に怖いでしょうねぇ。。。高層ビルの長周期振動のせいで地震酔いになっている人も多いようですが,大丈夫でしょうか。仮措置のほう,チキンではなく安全優先,で良いじゃないですか。ってか,素人的には,余震への適切な対応に感じます。帰宅への切迫感は僕も同じでしたね。職場と住居の距離を改めて感じました。電車の運行ですが,たしかに西武は運転減が目立ちましたね。でも,TXなんて朝晩だけしか運転しなかった時期があったりして大変でした。

>咲村さん
そちらの揺れ方は,僕の職場と同等だったでしょうね。通勤電車に乗って外を見ていると,利根川を渡って茨城県に入ると,屋根瓦の落ちた家の数がとたんに多くなります。。。物資に不自由されなかったのは何よりでした。職場の連中とか,居住地域によっては色々と苦労したみたいなんで。まぁ,普段からの備蓄は大切ですよね。んで,レシーバーの活用ですが,考えてみればとても有効ですね。全く思いつかなかったです・・・今後は緊急持出し用カバンにセットしますかね。

>shaker。さん
食器に被害があって大変なことでした(片付けのとき,手とか大丈夫でした?)。ウチは耐震扉の食器棚だったんで難を逃れましたが,ハンガーラックが倒れたりして,地震でモノが飛び散ると避難経路なんかに影響するのを痛感しました。お仕事のほう,確かに影響大きいでしょうね。でも,被災地に貢献していらっしゃる素晴らしい事務所さんですね。千葉の埋め立て地区ですが,テレビ等で深刻な状態を目にしました。お父様はさすが陸自OB。こういうときに世の中に貢献する心意気を持っていらっしゃるんですね。

>ふじおかさん
今回の地震で,中越地方の方がどんなに恐ろしい思いをされたのか,一部だけではありますが知ることになりました。その後に続けて起きた長野県北部・新潟県の地震は,おっしゃる通りに報道をあまり見かけることなく,気の毒に思います。こちら千葉県でいえば,津波被害の大きかった旭市は全国放送では殆ど出てきません。どうしても,インパクトの大きいほうばかりがテレビで流されるのは仕方ないんでしょうけど。。。電力に関して言えば,原発の怖さもそうですし,東電地区に住む身としては,今後も停電が続くでしょうから,なかなか大変です・・・
2011/04/03(日) 19:39:20 | URL | Tori@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naibee.blog105.fc2.com/tb.php/114-d06470db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。