内容の希薄なブログ
自分のまわりの出来事や思いついたことを,まばらな更新頻度で記して行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
震災関連その2:ニュースに感じること,節電節水と計画停電
 大震災から3週間が過ぎました。先回のエントリの続きです。

・政府の対応
 とにかく言いたいことは,意思決定を一元化しろってこと。担当大臣をつけりゃいいってもんじゃないでしょ?Ren4だって結局はパフォーマー。あとはボランティア関連の対応にピースボート辻元と派遣村湯浅が関わるって,一体何なんだ?と思うんです。もうね,アホかと,バカかと。実際に,任命後の働きが報道されないのは,たぶん役に立ってないからだろうねぇ。まぁ,菅首相の存在感が殆どなくて,日本のリーダーが緊急時に何もできないっていう事態は阪神大震災の時と変わらない,あるいはそれよりヒドイことが証明されたワケですけど。

・原発関連
 東電は許せません。事故自体に東電の責任があるかどうかはあちこちで色々と論じられているので,このエントリではとくに触れません。

 何が許せないか,と言うと,これだけ世間を揺るがす事故に発展している状況にありながら,経営陣にまったくもって誠意が見えない。会長がちょっと会見しただけ。その会見もふてぶてしいというか,とにかく,悪いなんて思っていない態度に見えました。そして社長なんか結局は公の場に姿を現すことなく入院とか,何なの一体?

 さらに,記者会見の対応も,経営陣クラスが出てくることは殆どありません。特に,原発関連の記者会見対応なんて,部長・課長クラスが答えてるんですもんね。現場への責任の押し付けにしか見えない。

 これでは一体何のための経営陣なのか?東電の腐り具合は深刻のようです。国有化の議論はすでに出ているようですが,国が圧力かけてでも経営陣はクビにすべきだと思えてしまいます。エネルギー事業は国策ですからね。そして,東電そのものを解体してしかるべき経営体制になるようリストラ(責任を取れない役員を切るという意味でも,本来の意味である「再構築」としても)が必須だと思います。競争相手のない企業って,ホントに腐るんですね。

 そして,原子力保安院。この組織が全く機能していないことが証明されました。いつも記者会見に出てくる髪型が寸分も乱れない審議官さんを筆頭に,全く要領を得ないですよね。説明はろくにできないわ,言うことが全て他人事のような雰囲気を醸し出してるわ・・・結局,自分たちのことだと思っていない。

 もっとも,保安院自体が経産省の天下り組織で原発推進派,電力会社に対して上から目線な立場だから,何かを期待するのが無理なんでしょうね。ということで,次の事業仕分けを待たず,この団体をぶった切って下さい。そして,原発推進派と慎重派が対等かつ建設的に意見のやりとりをできる真の意味での原子力安全性管理組織を作ってほしい・・・そう思わされるんですよ。

 そんな,東電の腐った経営層と役に立たない保安院の連中とは違い,危険な現場で頑張っている人たちがいます。これまた散々あちこちで話題になっていることなので,こまかく言うことは避けますが,国民の一人として,そのような方々に敬服いたします。本当に,とにかく,ありがとう。日本には名も知られないけど英雄がいるんだってことを感じることができました。

・節水・節電関連---計画停電
 僕の住む千葉県某市は,当然ながら計画停電区域に入っています。地域的に恵まれているのか,今のところは停電は2回だけです。とは言え,停電の間の不便さ・・・電化製品が使えないだけならまだしも,マンション住まいなので停電するとポンプが作動しなくて水道も使えない。

 ということで,計画停電を機に,我が家では目下,節電・節水モードです。

 元々,電力の無駄遣いには気をつけてきたつもりですが,今の我が家で電力を常時使用しているのは冷蔵庫,固定電話機とADSLモデム+ルータくらい。あとはTVから各部屋の電灯,果てはウォシュレットまで,必要以外のOFFを徹底してます。さらに,お湯を沸かすのもティファールの電気ケトルからガスに変えましたし。

 節水では,停電用の水としてバスタブに貯めた分は洗濯用にして無駄にならないようにしています。キッチン周り用に2Lペットボトル数本に貯めた水は洗いものに使用。ボトルからチョロチョロ水を出してホントに意識して洗いものしても,ウチみたく大人二人の夕食の食器を洗うのに4L程度。以前に水を流しながら洗ってた時はどれだけ水を使っていたのやら・・・。
 
・節電の現実
 そんなワケで,世間的に節電が叫ばれていますが,なんだかなぁ,と思わされることを経験しました。

 海江田経産相が「大規模停電が起こる危機が・・・」とメッセージを出したその日の晩,僕と嫁者は都内のホテルに泊まることにしました。というのも,その翌日に都内で朝から用事があり,鉄道網の乱れを考慮したからです。

 宿泊先は新橋駅のほど近くだったのですが,外を見ると飲み屋ですら外の看板を消してたりして,それに海江田氏のスピーチの影響でオフィス街の人々も早く帰ったためか,いつもの東京とは思えない街の暗さ。節電にみんな協力してんだねぇ。。。僕らももちろん,空調も含めて最低限必要な電力以外はオフにしました。

 と思ってたら,新橋駅の向こう側に明々と電気のつく部屋が並ぶ高層ビルが・・・こんな日にどこのどいつが電気使いまくってんだ?と思ってGoogleマップで調べたら,日テレビルでした。

 節電が大事,な~んて言ってるなら,てめぇらも節電しろ,っての。ビルの外側から見えないところで節電はしているんだろう,と思うんですが,それでもフロアの天井の電灯がびっしりと点いているのが見えて凄く目立つ!

-----

まだ他にも書きたいことはあるんですが,内容が飛び飛びになるので,一旦はこれにて。また思いついたら,色々と書くかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naibee.blog105.fc2.com/tb.php/115-f5b6e229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。