FC2ブログ
内容の希薄なブログ
自分のまわりの出来事や思いついたことを,まばらな更新頻度で記して行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九州へ行こう!(その6・最終日)
(その5はこちらから)

 この旅もいよいよ最終日となりました。最終日なので帰りの飛行機の時間に間に合うよう,呑気なスケジュールで行くことにしました。
 この日の目的は太宰府参り。仕事と学問のつながりが深い業種でメシを食わせてもらっているので,学問の神様にお参りしたいな,と思っていたワケです。

 宿から西鉄の天神駅へ移動し,天神大牟田線(本線)で太宰府へ向かいます。
S_P1050172.jpg

 西鉄二日市で太宰府線に乗り換え,太宰府に着きました。
S_P1050184.jpg

 初めて訪れた太宰府天満宮は,思っていたよりは小さかったですが,屋根に雪がうっすら残る素敵なたたずまいを見ることができました。
S_P1050181.jpg

 んで,神社にお参りとなると,当然ながら絵馬ウォッチングです。さすがに学問の神様だけあって,殆どが何らかの受験の合格祈願でしたが,やっぱりちょっとふざけたモノもあったりするわけです。百合を流行らせることを学問の神様にお願いしてどーする!(w。あと,初音ミク(と思う)のイラストを奉納してご利益があるかは疑問!?(w
S_P1050182.jpg

 その後は,西鉄で大牟田まで。ここでJR鹿児島本線に接続なんですが,隣の駅の荒尾は熊本県。博多を出てずいぶん,南に来たもんだと実感。
S_P1050185.jpg

 大牟田からは快速で上熊本まで。ここから熊本電鉄に乗ります。目的は当然,コイツです。
S_P1050187.jpg

 こちらの写真だと何の車両かわかりづらいので,もう一枚。
S_P1050189.jpg

 そう,鉄な方には有名な元・東急5000系,通称青ガエルです。40年前には渋谷で活躍していた車両も,今でも現役なのは熊本だけです。以前の旅で一度乗りましたが,また乗りたくなってしまったってワケです。車内のつり革の広告が当時のまま(下手すりゃ僕の生まれる前かも!?)ってのも,時が止まったみたいで素敵です。
S_P1050192.jpg

 青ガエルが走っているのは上熊本-北熊本間。北熊本から御代志方面は未乗区間だったので,乗り替えて御代志まで行ってみました。これで熊本電鉄も乗りつぶし~。軌道線車両じゃない通常の電車が,道路との境目のあいまいな駅(終点・御代志)にいる姿はなかなか良いです。
S_P1050197.jpg

 御代志からはそのまま折り返して終点の藤崎宮まで乗り,駅近くで食事してから,市電の電停まで歩き,そこか健軍町へ。市電の沿線はずっと,それなり賑やかな町並みだったりして,熊本がけっこうな都市だという印象が強くなりました。

 健軍町を折り返し,熊本城・市役所前電停で降りて熊本城へ行くことにしました。時間的に少しばかり余裕があるので・・・と思いきや,入場(入城)するには500円が必要だってことをすっかり忘れてました。30分程度の駆け足の見学に500円・・・妙な貧乏根性のため,そのまま電停に引き返しましたとさ(汗)

 再び市電に乗り,田崎橋まで乗車。これで熊本市電も乗りつぶし達成です。
S_P1050199.jpg

 その後は,市電で熊本駅前電停まで戻り,バスで熊本空港まで行き,大阪行(機材はB3-500のレジ番JA357Kでした)に乗ってママンの住む実家に一晩帰り,そこから自宅に戻って今回の旅の終了と相成りました。

 ということで,次回のエントリで,総括みたいな感じで今回の旅をまとめてみたいと思います。

(「まとめ」に続く)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした~
さすが九州全土を廻っただけあって、各種車輌を存分にお楽しみになったようですね。全般的に鋼製・塗色ありの車輌が多くめで、見ていて楽しかったです。

筑豊地区の路線は国鉄時代以来情報を全く仕入れていなかったのですが、元々路線が入り組んだ場所に加えて、存続したもの・廃止したもの・3セク化したもの色々で、もう何がなんやらですね(笑)。

ドカ食い・一杯飲みはパスだったようですが、駅弁を沢山楽しまれたようでこれはこれで羨ましいです。押し寿司というか棒寿司系は、美味しいけどこの値段はなぁ・・・ってのが多いって印象ですね。個人的には「じゃこめし」がシンプルだけど一番興味アリかな??
2012/02/12(日) 23:58:13 | URL | ぽっこ #IUMqe7pY[ 編集]
疲れました(汗)
>ぽっこ師匠
いやホント,鋼製車はイイです。ただ,通勤路線はやっぱりステン車ってのは九州でも避けられない流れだと感じました。。。筑豊地区の三セクは,平成筑豊鉄道,甘木鉄道ともに,街と田舎をともに感じることができるなかなか良い路線でした。旅名人の九州満喫きっぷを使う際には是非!駅弁に関しては,単純に味の面だけで言えば,3日目に食べた鹿児島中央駅の「鰹一本釣り弁当」のかつお出汁で炊いたご飯ですね。これはかなりの旨さです。師匠が興味を持たれたじゃこめしですが,確かにこれもおススメです。駅弁でありながら商売っ気のない感じの素朴な味なのが良いです。
2012/02/14(火) 23:19:19 | URL | Tori@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naibee.blog105.fc2.com/tb.php/138-27fb2991
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。