FC2ブログ
内容の希薄なブログ
自分のまわりの出来事や思いついたことを,まばらな更新頻度で記して行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼女は昔,"I'll kill you!"と僕に言った
 2年前の9月に行った海外の同業者との勉強会(過去のエントリはこことかこことか)で,友達と呼べる外国人が僕にもできたのですが,先日,その中の一人であるセルビア人女性からメールが来ました。

 その内容を見ると,技術研修留学で日本に半年ほど行かないか,というお誘いが自国の政府から来たんだそうで,日本にまつわるエトセトラを教えてくれ,ってことでした。なので,色々と彼女が必要であろう情報を書いて返信しました。数日後,お金の面の確認(その研修は日本政府の国際協力事業になるので,おそらくは日本側が丸抱え)ができたら日本に来る,との決意を固めたと返信が来ました。

 勉強会での彼女に関して非常に印象に残っているエピソードは"I'll kill you!"って言われたことですね(w。勉強会最終日の打ち上げパーティーで,デジカメのデータを送れ,と言われたんですが,さらに「もし送り忘れたら」と続け,ニヤリとした微笑を浮かべて彼女が言ったのが"I'll kill you!"でした(^^;;。当然ながら殺されたくないので,帰国して速攻で送りましたよ(笑)。

 今までも,「友,遠方より来る,また楽しからずや」と思ったことは何度もありましたが,今度は遠さがケタ違い。海を越えてそういう友達ができた自分は,不思議なご縁に恵まれているな,としみじみ感じたり。

 余談ですが,英語のメールの文末にも日本語で言うところの「敬具」みたいな決まり文句を書きます。ビジネス先や目上の相手には"Best regards"とか"Sincerly yours"みたいな感じ,友達相手には"Take care"や"Keep in touch"など。彼女のメールの場合,多用されるのは"Big hug"。どうやら,再会できたあかつきには,熱烈にハグしてくれそうです(笑)。彼女の来日予定は来年2月なので,2年半ぶりのハグが今から楽しみです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
文字通り殺し文句(笑)
つまり『貴方は私がきっと殺してみせるわ』と言われてしまったと。くはぁ、シビれますの~。やるな、安倍Tori久(笑)。

お馬鹿はともかく、欧州の方が日本に半年滞在ってのは、こちらが考える以上に大変でしょうね。しっかり遠方の友をお世話してあげて下さいな。(但し草薙剣を作るまでに至っちゃ駄目ですw)
2008/11/16(日) 19:01:52 | URL | ぽっこ #IUMqe7pY[ 編集]
訳して「やってやるぜ!」ですか(笑)
あら、殺されちゃうんですか(笑)。

「日本に来て不思議だと思うこと」には、例えば
「どこにでも自販機がある!」とか、結構「え?」なことが多いようです@うちの事務所の外国人助っ人達曰く
意外なことがギャップになるみたいなんで、お互いそれをどこまで笑い倒せるかがカギです。

「ウズベキ饅頭経由アルメニア派遣」の件ですが、直前にワタクシのメニエール再発でもって
「長時間の飛行機は暫くブーです」
と医者止め頂戴したので当然J●C●御中にもおこらえて中止になりました。
去年もこのパターンだったんで、春先に回復するまでは、おとなしく国内撮影などやってたいと思います(たはは)。

手紙の文末ですが、急造クロアチア語とかなら「健康を!」とか「神のご加護を」と習っておりましたが、セルモンなど(クロアチアもそうなんだけど)旧ユーゴ圏内の場合は「相当言葉を選ぶように」なんだそーですね(お国柄)。

その方には
「あなたの神様が、あなたをいつも守ってくださる事を願っています」
など(^-^)
つうかやっぱり
「ようこそニッポンへ」かしら。
2008/11/20(木) 20:07:21 | URL | 混ぜ人。 #JX16eVPs[ 編集]
いろんな意味で...
ドキリとする言葉ですね。取り様によっては...なんか艶っぽい言葉に聞こえますが...(^^)

遠方、しかもハルカカナタのご友人。いろいろ戸惑う事も多いかと思いますが、特に週刊風習など...なんか最近の日本はオワタ感の強い感じですけども...。

ともあれ彼女に取って良き日本滞在であるよう心から願っています...(^^)
2008/11/21(金) 18:23:29 | URL | ふじおか #Mx09nRN2[ 編集]
Killer Queen
「I'll kill you!」はまぁ、「いてもーたる」レベルの話かと(いや「ヌッコロス」か?)。元々英語が母国語ではないですから、表現に微妙な差があるでしょうし……日本語の方言でもそうですからね。

日本にまつわるエトセトラ、たとえば「日本は屋内に入る時、履物を脱ぐ習慣があるので、JALやANAでは、機内に入ると乗客用の履物入れが備え付けられている」とかでしょうか?(^^;

半年間、色々なことがあるでしょうね。その方の(咲村は顔を見てますが)滞在・研修が有意義なものでありますことを。まずは、コンピュータ関連の買い物をしに秋葉原(東京とは限らないので、大阪なら日本橋・名古屋なら大須)に行って、
その街のユニークさに驚くことでしょう。大須なんか、宗教と電気と萌えが雑多に詰まってるから……。

あとは、ヨーロッパ人にとっては、無秩序な看板とネオンサインに驚くかもですね。
2008/11/26(水) 00:07:17 | URL | 咲村珠樹 #3K7Vi2Lo[ 編集]
殺されず,なんとか生きているワタシ(w
>ぽっこ師匠
万葉ちんなら,そのセリフは深い悲しみに満ちた表情で言うワケですが,そのセルビア人の場合は,本当に「ニヤリ」という表情だったんですってば(^^;。まぁ,僕は名前はToriであっても,所詮は鷹になれないと感じた次第です(w。鷹じゃないので,草薙剣を作れる器じゃないっす(爆)

>混ぜ人。さん
ありゃま,東欧出張はキャンセルでしたか。。。その後の回復具合はいかがでしょうか。手紙の結び,お国柄ってのは確かにいろいろあるんでしょうねぇ。その点,英語ってのは便利なもので,グローバルスタンダードな言語ゆえに,英語での常識的な一言を書けばよいわけですから。「ようこそニッポン」は,彼女が日本に降り立ったら言うことにします。

>ふじおかさん
確かにドキッとしましたが,艶っぽさはカケラもなかったです(w。まぁ,彼女が来たらコテコテの日本を案内しよっかな・・・その際はお知恵を貸して下さい(^^;;

>咲村さん
そう言えば,咲村さんには例の勉強会の際の写真をご覧頂きましたよね。日本らしいところ,ってんでアキバなんかの電気街も良いんですが,それだと日本を誤解されるだけの気も。。。彼女自身がヲタ属性持ってれば良いんですが(同じ勉強会で友達になったフランス人はかなりヲタでしたが)。日本の習慣もどこまで教えてやればよいのかな,と思ったりもしますが,とりあえずは彼女が日本に来てから色々と聞きながら,ですね。
2008/11/29(土) 23:28:55 | URL | Tori #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naibee.blog105.fc2.com/tb.php/50-723c78c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。