FC2ブログ
内容の希薄なブログ
自分のまわりの出来事や思いついたことを,まばらな更新頻度で記して行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
晴天の下で飛行機を見ながら立ちっぱなし
 相変わらずタイムリーでないネタで恐縮ですが,先々週の土日,関東地方は全体的に晴天だったようですね。僕も日曜日に,プラプラお出かけして来ました。目的は羽田空港での飛行機撮影です。というワケで,ちょっと写真なんぞを。

 まずはRWY16LとRWY22を見渡せる城南島埠頭公園へ。JR大森からバスで25分程度ですが,休日は1時間に1本なので,交通の便には難ありです。。。

 んで,さっそく撮り始め。予想通り,RWY16Lからの離陸。

IMGP0183.jpg
離陸直後

IMGP0178.jpg
すぐに右方向旋回する機体を真下から見上げて撮るとこんな感じ。


 そんな感じで撮影していたのですが,場所的に機体の下ばかりを見る感じ。なので,次は着陸機を狙おうってことで,浮島公園に移動。

 浮島公園はJR川崎からバスで行きましたが,かなり本数が多くて便利でした。でも,停留所(浮島バスターミナル)までにはほとんど乗客いなかったし,城南島公園と比べると浮島公園のほうが明らかに人の活気がないし。

 まぁそれはともかく,撮影開始。

IMGP0206.jpg
浮島公園は東京湾アクアラインへの入口にあたる川崎浮島JCTのすぐそば。なので,こんな写真が撮れます。

IMGP0224.jpg
行きかう飛行機を見て,少ないなぁ,と思ったのがジャンボの姿。隣で撮影していた方に話しかけられて飛行機談義をしていたのですが,彼の狙いはジャンボ。昔は簡単に目にできたものが,今はどんどん数が少なくなっていくのが寂しくて,ジャンボの姿を記録に残すようにしているそうです。

IMGP0019.jpg
というワケで,こちらはJALのジャンボ。ANAよりはまだ機体が多いですからねぇ。

IMGP0011.jpg
次々に降りてくる飛行機の中で,B3,B6,B7にまじって健闘しているなぁ,と思ったのがJALのA300-600。JASの機体がこうやって頑張ってんですねぇ。フリートの数も多いのかな。エアバス機は主翼下のフラップのレールがボーイング機よりも自己主張が強い感じがします。ウィングチップもエアバスらしさの象徴ですよね。l

IMGP0026.jpg
こちらはエコジェットのB7(JA8984)。通常塗装を「太陽のアーク」というなら,こちらは「緑のアーク」なのかしらん。ちなみに離陸機が向こう側に写っているんですが,このブログ用に縮めたからほとんど見えないでしょうね。。。

IMGP0033.jpg
僕は1往復しか使ったことないけど印象的なエアライン,スターフライヤーの漆黒のA320。関空線も北九州線も当分の間は使う予定ないけど,久しぶりに乗りたいなぁ。


 ちなみに,このエントリに載せたすべての写真の機材はPENTAX *istDS+FA★80-200 F2.8 です。感想としては,城南島は離陸直後を撮るなら200mmレンズで十分ですが,そこから方向転換していく「巻き」を撮るなら400mmくらいは必要かも。一方,浮島公園なら200mmで十分に着陸機の姿を写しだせます。非常に撮りやすくて良い場所ですね。

 ってなワケで,飛行機撮影に向いたより良いレンズの必要性を感じたワケで・・・その話はまた,別の機会に。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ヒコーキレンズ
やっぱりエアバンドレシーバーを買おう……と思っている咲村です。ヒコーキ撮るには、エアバンドでTWRやGND、APPの通信聞きながらの方が、次にどんな機種が来るか判っていいんですよね。

飛行機撮影に向いたレンズ選択ですが、昔から「飛行機写真は300mmが標準レンズ」
という格言があり、300mmが基準になってます。鉄道写真だと135mmとか。 *istDSだとイメージセンサがAPS-Cサイズなんで、実質画角は300mm相当ですが、羽田は割と遠いですからね……400~500mmまであるといいですよね。もちろん、周囲の風景と絡める……という形もあるんで、必ずしも長焦点オンリーではないですが。

Toriさんのレンズは解放F値が2.8と明るいので、エクステンダー(テレコンバーター)で間に合わせる手もありますね。わざわざ使用頻度が低いのに高い超望遠を買うより安いんで、奥様の理解も得やすいのではないかと(^^;

軍用機撮るなら、昔に較べて展示飛行の高度が上がったんで、間違いなく500mm以上が必要になりますが……。

ピンと跳ね上がったテールがかわいい(エアバスの特徴)A300-600R(34席/256席)ですが、9月の日本航空・羽田発着便に関していうと、52往復・104便あります。
これに対してB767-300(42席/219席・16席/191席・16席/254席)は18往復・36便に過ぎません。
最近増えているのがB737-800(20席/145席)で、22往復・44便(半分はJEXによる運行)になっています。

ということで、羽田で600Rの遭遇率が高いのは、それなりの理由があるんですね。日航のジャンボが14往復・28便なので、むしろジャンボと本数が似たり寄ったりになってる、日航のB6の方がレアです(^^;

どうも日航では、B6を減らして、搭乗率のいい便は600Rに、少ない便はB3-800に……という具合にシフトしてるみたいです。もっとも、300席クラスの方は、B787(いつ初飛行するやら……)導入までのつなぎといった感じがします。将来はB787に統一されるでしょう。それ以下はB3-800とエンブラエル170で統一するようですし。ジャンボは今や、国内線では羽田~那覇線専用みたいになってますね。まだ成田では多く見かけるのですが。

咲村、宮崎空港(50mmでも機体が一杯に撮れるRWY09エンドが定番)では、絶滅寸前のMD81・MD90を狙ってます。もはや早朝と夜しかなくなったので、撮影は至難の業ですが……(涙

「空のエコ」JA8984は咲村もおさえてありますが、このバックに見えるのは、日航のB3-800でしょうか?
2009/09/24(木) 21:07:10 | URL | 咲村珠樹 #3K7Vi2Lo[ 編集]
ヒコーキ撮影
>咲村さん
毎度の遅レスでスミマセン(汗)。エアバンドレシーバーは欲しいですねぇ。エントリにも書いたお隣で撮影してた方は,必須アイテムと言ってました。レンズの焦点距離,実はかなり以前にSIGMAの150-500mmを買っていて,それでも撮影しましたが,今回のエントリでは載せませんでした(深い理由はないですが)。ということで,35mm換算で,自分の撮影環境は700mm以上ということになりますね。このクラスになると,機体を追いかけるだけで一苦労です(w。A300は咲村さんのおっしゃる通り,JALの主力機ですね。僕はANA派なのであまりご縁がないものの,日本の旅客機2009-2010(イカロス出版)で調べたら,フリート数も多く,全機が羽田発着便とか。大してJALのB6は・・・たしかに,撮った写真も少なかったです。MD81&90については,撮るのもさることながら,まだ乗ったことのないMD90に早く乗りたいです。JA8984の後ろの機体ですが,JALのジャンボでした。
2009/10/08(木) 23:20:29 | URL | Tori@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naibee.blog105.fc2.com/tb.php/71-a6729636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。