内容の希薄なブログ
自分のまわりの出来事や思いついたことを,まばらな更新頻度で記して行きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
急行能登と大糸線キハ52系(復路)
 往路の道中記は前編後編に分けてエントリに記しましたが,復路はこのエントリにて。


 往路での能登のトラブルによって,乗りつぶしスケジュールが完全に崩れたので,復路はまた色々と見直し。当初の基本線は,嫁者実家から信越線・直江津経由で富山までもう一度出て,富山地鉄の未乗区間を完全に乗りつぶす予定でしたが,往路で大糸線を回避し,信越線を使った関係で,復路は大糸線経由でチャレンジすることに。富山地鉄の乗りつぶしはまた別の機会に・・・と諦め。

 富山では富山地鉄・市内線の南富山ルート未乗分の乗りつぶし+ほんの少しだけ富山地鉄の不二越・上滝線も乗ることに決定。ちなみに復路も嫁者は別行動(=通常のルートで帰宅)。

 ということで,大糸線のキハ52に乗る時刻を考えると,南小谷11:41着のあずさがとても連絡が良かったんですが,せっかくの家族の団欒なので少しでも嫁者実家を出る時間を遅くしようってんで,南小谷12:57着の各停に。

 大糸線でこれまでに乗ったことがあるのは,松本~信濃木崎間。そのスジの方ならあっさりわかることですが,とあるアニメ作品の聖地巡礼に行ったゆえですね(まだ公式HPが生きていたとは驚き・・・wikiはこちらこちら)。各停が北に向かうにつれて,雪が徐々に深くなっていき,やがて信濃木崎を過ぎ,そしてそのスジの方がには思い出深い木崎湖と海ノ口駅。僕自身は,5年ほど前のGWに撮り鉄と巡礼を兼ねて木崎湖畔をチャリで回ったので,鉄道は使わなかったけど,海ノ口駅自体は訪れたことがあります。その意味で,当然ながら思い出の地(w。海ノ口駅では明らかに巡礼者と思われる数人が降りていきました。
P1020984.jpg
P1020985.jpg

 そこからしばらくし,南小谷に到着。糸魚川行きのキハ52の発車時刻まで時間つぶし・・・なのですが,何せ駅の周りに何もない!おまけに,散策と言ってもとても寒く,結局は殆どの時間を待合室で過ごしました。その待合室ですが,暖房が効いていて暖かく,おまけにコタツも置いてある畳スペースもありました。もっとも,コタツは他の待ち客が占有していて,僕は入りませんでしたが。
P1020989.jpg

 そして,いよいよキハ52の入線時刻が迫ります。駅は大雪を片付けた痕跡,というには余りにも大きい雪の壁。この時点で僕を含めて,カメラやビデオを持った鉄ヲタが5人ほどいました。
IMGP0006.jpg

 やがて,踏み切りの警告音が遠くに聞こえ,入線してきました。旧国鉄カラー,朱+クリーム色の編成です。
IMGP0008.jpg

 ドアが開くなり,かなりの人を乗せた車内から鉄ヲタがゾロゾロ出てきましたね(w。とりあえず,列車の前後には撮影の人だかり。でも,マナーの悪い人はいなくて良かったです。

 車内に入って座ろうかな,と思いきや,全部のボックスに場所取りの荷物が置いてあって,座る場所がないわけではないけど,なんか座りづらいなぁ・・・と思っていたら,座席はないものの最前方の右側のスペースが空いているではありませんか。ということで,仕方なく(w,かぶりつきポジションに陣取ることに。

 ここで運転士さんに話しかけられました。ホント,僕って話しかけられ体質。

運:今日はホントにすごいねー,お客さんが多いよ。
僕:まぁ,キハ52目当ての人が集まってるんでしょうね。って,僕もその一人ですけど。
運:車内もそうなんだけどねぇ,途中のあちこちで人を見かけたよ。
僕:やっぱりカメラ持った人達ですか?
運:そうみたいだねぇ。
僕:それはそれは・・・運転士さんも大変ですね。
運:いやぁ,私は運転するだけだから全然。
僕:この車両が引退したら110が来るんですか?
運:100だったかな,110・・・あ,確か岡山のあたりで走ってた120が来るって聞いたけどね。
(鉄ヲタでない人のために:数字はキハ100,110,120系のこと。110は100の派生型。120はJR西の車両。よくよく考えたら,JR西区間なのでキハ120ってのは当然の話。)

 ってな感じで,とてもフランクに話して下さる方でした。

 そして出発時間,車内はかなりの混雑。座席はほぼ埋まり,通路も立っている人が多数いました。着席客と立ち客の比率は少なくとも7:3くらいには見えました(乗車率にすると120%は越えるかな)。

 列車が走り出すと,深い雪景色のあちこちに山猿を見かけました。僕の目の錯覚でなければ,山猿のほぼずべてが防寒具を着込んでカメラを抱えていましたが(w

 そんな冗談はさておき,山深い雪景色の路線の眺めはとても良いものでした。
P1020995.jpg
P1030004.jpg

 途中,根知駅で交換。あちらの列車は一昨日の富山⇒直江津の移動時に見かけた紺+クリーム色の編成。走っている姿を見れたのは嬉しかったけど,できれば全部がオレンジ色のもう一つの編成も見たかったかも。
P1030012.jpg

 糸魚川に着き,またもみんなが群がって撮影ターイム。車両の他に,レンガ造りの車庫も撮りました。この車庫,取り壊しが決まったようですが,一部だけでも保存しようという動きもあるようで・・・たしかに,そう思わせるだけの味があります。
IMGP0019_20100221000913.jpg
IMGP0029.jpg

 糸魚川から富山へ向かう前に,確率が極めて薄いとは言えドタキャン狙いで最後の「北陸の券ありますか」の問い合わせ。みどりの窓口のお兄さんの回答は「やっぱり満席ですね・・・」。これで北陸は諦めに決定。

 富山に着き,電鉄富山駅から南富山駅へ富山地鉄に乗ることにしました。実は富山地鉄に乗りたい理由は単に乗りつぶしたいから,ってだけでなく,この車両に乗りたかったんです。
P1030018.jpg

 富山地鉄10030系です。この車両,かつては京阪電鉄で特急車両として使われていた3000系が嫁いだもの。京阪沿線出身の僕としては,昔の憧れの車両だったわけです。京阪本線では3000系は1編成だけしか残っていませんが(しかも8000系に改名されています),ここ富山地鉄では複数の編成がまだまだ元気に走っていて,とても嬉しかったです。

 乗車時間僅か10分で南富山に到着。ここで市内線の南富山駅前から富山駅前まで,路面電車で戻ります。そして富山駅前に到着し,市内線の乗りつぶし完了。
P1030019.jpg

 あとは自宅に戻るのみ。鉄道旅行と言いつつ,東京への移動は飛行機に(w。11月以来飛行機に乗ってなくて,富山空港に行ったことないから行ってみたくて,しかもこの旅行を決めた時点で旅割の安いチケットがあったので,ついつい券を取ってしまいました。

 空港行きのバスまでの待ち時間,駅ビルの白えび亭で白えび天丼を食べました。白海老って結構高価なものですが,これで730円也。 お味はなかなか良かったです。
100213_1744~01

 富山空港からはA320に搭乗。実は当初の予定ではB767のはずだったんですが,機材変更との事前連絡がケータイメールに来ていたんですけどね。それで,座席の割り振りがANA側でされていたのですが,実はプラチナサービスメンバーの僕,というわけかどうか,2列目の窓際になりました。余談ですが,機内にはサッカー元日本代表の北澤氏がいました。実は昨年1月に所用で小松空港から羽田に乗った際にも,同じ機内に北澤氏がいたんですよね。何か北陸地方と縁の深い方なのかしらん。

 夜間の搭乗で,機体のレジ番が見えなかったので,CAさんに聞いたところ,帰ってきた答えは「JA8274です」。そうか・・・って,あれ?以前に乗ったB6ってJA825Xとか827Xってのもあったような記憶が・・・帰宅したらちゃんと調べないと,と思っていたらCAさんが「すみません,シップチェンジでしたので,この機材はJA8396です」と申し訳なさそうに訂正しに来てくれました。

----------

 こんな感じで,相変わらず欲望丸出しの旅でした。北陸に乗れなかったのは残念だな・・・時期的に,普通の取り方じゃチケットも取れないし。復路の道中でも一縷の望みをかけてドタキャン分を狙ったけどやっぱり現実は甘くなかったです(^^;;。かといって,ヤフオクとかに手出しして正規料金より高い値段で行くのは悔しいし(そういう出品をするバカは駆逐されるべきと思っているので)。JR cyber stationの空席情報では,1日だけ「残席わずか」があったし,他の日のキャンセル待ちの可能性もあるけど,定期運行廃止の3/12までには乗りに行くのは無理だなぁ。

 とは言え,北陸は今後も季節列車として運行される見込みなので,今度は事前準備をしっかりとして,一度は乗りたいと思います。 長々と書いた旅レポはこれでおしまい!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大糸線、いいですねぇ~
朱色&クリーム色の一般色の奴ですと、ステップに小窓があるプレスドアの奴ですよね。私はそれが見たかったな~。
実は南小谷の次の中土ってところは、私が小学2年から5年生の間、毎年夏休みを過ごした場所なんですよ。当時は一般色がフツーに運用されてましたので、今のリバイバル運用は個人的にも懐かしくて嬉しいです。

画像はアップしませんでしたが、富山地鉄の10030系は今回私も見てきました。富山の欧州式ホームで2編成並んでましたよ。あのカラーリング、雪の中ではかなり映えますよね。富山の白えび亭さんも行かれましたか! こちらも気になっていた所です(笑)。ます寿司とブリおむすびの誘惑に負けましたが、次回は寄ってみたいですねぇ。

北陸は残念でしたね~。結構サイバーステーションで寸前で△が出るケースが多かったので、「案外取れるもん」と考えていましたが、やはりあの日は厳しかったですね。まぁ「あけぼの」も同じようなもんだし・・・と思っていたのですが、Bソロはあけぼのと構造が(寝台の向きからして)全然違うのでビックリしました。こっちも乗ってみたかったなぁ。。。
2010/02/22(月) 01:09:39 | URL | ぽっこ #IUMqe7pY[ 編集]
北陸の乗車券
黄色と緑のツートンの元京阪3000系と白えびってのがいかにも富山ですよね。でも京阪3000系にはやっぱり緑じゃなくてマルーンでしょう。
TLR、アイトラム、セントラムと富山LRTグランドスラムも果たされて、路面電車に関してはご満悦なことでしょう。

北陸ですが、私らは結局3月1日の上りを取ったんですが、2月1日10:15に渋谷駅のみどりの窓口に駆け込んでもすでに個室は満室でしたorz。たった15分のタイムラグが致命傷だなんて・・・。

仕方なく(?)その場で開放寝台上下を押さえることにしてなんとか入手しましたが、どうやら3週間前くらいには売り切れた様子です。それでも週末と最終日以外はまだ空席のある能登の立場って一体・・・。臨時で残るから良いとでも思ってるのでしょうか?ボンネット車はもうないんだぞw。
2010/02/22(月) 12:33:41 | URL | こそぴん #//wnbboM[ 編集]
毎度の遅レスで(汗
>ぽっこさん
師匠が長野の北の山奥にご縁があったとは初耳ですな。やっぱり,子どものころに見た列車は強烈に心に残るもんですよね。その意味で,地鉄10030をわずかな時間でも乗りたくなったのですが,京阪にあまり縁のない師匠でもチェックなさってましたか。白えび天丼はおすすめですよ。値段と白えびのプレミア感からすればお得です。僕はぶりおむすびをいつか制覇せねば(w。北陸はやっぱり,師匠みたく平日着で狙わなきゃ無理だったんですよ,きっと。

>こそぴんさん
以前に10030系の写真を壁紙用に頂きましたね,懐かしい。ご指摘の通り,緑色に変わっているのはかなりさびしい気がします。大井川鐵道は色もそのままなんですが。さてさて,北陸の旅はいかがだったでしょうか。いかに平日と言えど,廃止までのタイミングでいえば,券をとれたこと自体がラッキーではないでしょうか。。。能登は北陸の裏にすっかり隠れてますよね。臨時復活するとき,ボンネット車運行になるのかどうか・・・
2010/03/07(日) 21:03:11 | URL | Tori@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://naibee.blog105.fc2.com/tb.php/85-f64e6031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。